ナス 調理 保存

ナスはみずみずしい夏野菜なので冷蔵庫が苦手

水分たっぷりのナスは真夏に育つ夏野菜。
なので、冷蔵庫に入れるとすぐにしなっと元気をなくしてしまう。
とにかく早めに食べ、残った分は必ず下処理しておくのがおいしさを保つ秘訣。

 

ナスの調理のコツ

塩を振ればアクが抜け油が絡みやすい

 

水に浸さなくても塩を振ればアクが抜ける。
炒め物にするとびっくりするくらい油を吸うが、塩を振っておくと少ない油で炒め物やグリルができて便利。
へたを切り落とし、1cm厚の輪切りにし、ペーパータオルを敷いた容器に入れて塩をまぶす。
じんわり出てきた水をペーパーで拭き取る。
こうやって作った塩ナスは冷蔵庫で1週間保存可能。

 

ナスの保存のコツ

冷蔵庫が苦手なのですぐに下処理を

 

丸ごと保存しても冷蔵庫だとどんどんみずみずしさが失われる。
塩ナスにするか、縦に6〜8つ割にして酢を加え、ふたをして振って酢ナスに。
細かく切って青じそやジャコと合わせる。
炒めると酸味が飛ぶ。