カボチャ 調理 保存

カボチャはほくほくの食感と甘みが食卓を華やかに

ほくほくの食感とやさしい甘み、黄色が食欲をかきたてるカボチャ。
電子レンジで加熱すると包丁が通りやすく、扱いやすくなる。

 

カボチャの調理のコツ

電子レンジを使えば簡単に切れる

 

実が硬くて包丁で切るのが怖いと思われがちなカボチャは、皮ごとレンジで2〜3分ほど加熱すると包丁が入りやすく、簡単に切ることができる。
煮物にする時は、大きさをそろえて切った後に、表面が乾いてしんなりするまでしばらく干しておく。
味が染みやすく、薄味でもおいしく仕上がる。

 

カボチャの保存のコツ

種とわたが傷みの原因に

 

実の中心部にある種とわたをつけたまま保存すると、傷みやすくカビの原因に。
大きいスプーンでかきだそう。
余ったらひと口大に切り、ひたひたの水と塩ひとつまみで硬めにゆでると、冷蔵庫で1週間保存可。
つぶせば冷凍も可。